2007年01月13日

永山7条8丁目「味市」

DSCF0017.JPGDSCF0015.JPGラーメンが主力メニューだが、そば、うどん、丼物もやっている。付近にあまり食堂がないので出前にいそがしいお店です。味噌味(600円)をいただいたが、少量のモヤシと白菜、ネギ、メンマ、味のしっかりしたやわらかいチャーシュー2枚が入っている。スープはこってりすぎず、しょっぱすぎず、これといった特徴はないが大変食べやすいお味でした。もう少し野菜が欲しいところ。食堂系ラーメンとしては及第点 ★★★★☆
posted by 雪おとこ at 14:31| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旭川ラーメン閑話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月06日

旭川ラーメン閑話


Click Here!


【はじめに】
一気に旭川、札幌含めて50店紹介させていただきました。中には閉店した「糸末」、「いこい」といったお店も紹介させていただきました。私の目標は、いままでのラーメン大好き人生の集大成として、自分の好きなお店だけを独断と偏見でご紹介したかったのです。ですから、皆様にあの店はうまくないとか、評価が気に入らないとかは一切受け付けません。そのことをご理解いただける方のみご覧ください。できれば、コメント欄をクリックいただき、みなさまのご意見をいただければ幸いです。では話しを先に進めます。
【旭川ラーメンの発祥店について】
ケータイアドレス入力不要!送信ボタンを押すだけで簡単送信!keitai55.jp

まず定説がないということをご理解のうえ、ご覧ください。発祥は二つの説があります。ひとつは「はま長八条店」説、もうひとつは「日の出食堂」説です。詳しいことは省略させていただきますが、私は「はま長八条店」説かなあと思います。ただ、云えることは現在の旭川ラーメン隆盛の元を築いたのは「蜂屋」であり、「青葉」、「特一番」であるという事実です。ここから旭川ラーメン談義を始めなければ、別の旭川ラーメン談義となります。この辺りを踏まえることができる方のみご覧ください。すいませんが、現在流行の豚骨ばかりギトギト系の人気ラーメン専門店は絶対紹介していません。あしからず。それが私のラーメンポリシーです。
【私的旭川ラーメンの定義】
業界初。通話料定額制「安子の電話」契約事務手数料0キャンペーン

定義なんて不要です。旭川にお店があって自分がおいしいと思えばそれでいいんです。ですから神楽にある「さんぱち」がうまいと思えば、それは、あなたのマイ旭川ラーメンなんです。なんも難しく考える必要なんてないっしょ!!たかがラーメンされどラーメンだべさ。ただ、一般的に云われているのは、豚骨と魚だしを融合させたスープに水分少なめのボソボソ感のある中細ちぢれ少なめの麺をうまく絡ませる。名前を出しますけど「加藤製麺」の麺なんです。(すいません。他の製麺会社の関係者ご免なさい。)あくまでも私的です。

【とりあえずの結論】
新日本製薬公式サイト★ダイエットと健康はプロにお任せ!

もう私のパソコンに残っているラーメン画像はありません。ここまでは財産(?)で50店綴って来ましたが、ここから本当の旭川ラーメン食べ歩きです。目標は100店紹介です。ここからイバラの道だと覚悟しています。そんな、このサイトをご愛顧いただければ幸いです。以上、旭川ラーメン閑話の筆を納めます。なお写真は5条7丁目カレー専門店「辛麗屋」です。美人姉妹が経営しています。ラーメンもいいけどカレーもね。行って見てください。以上宣伝でした。 IMG_0694.JPG

Click Here!

posted by 雪おとこ at 20:39| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旭川ラーメン閑話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。